工場内塗装・免震建物点検

Seismic isolation

工場内塗装

横浜市の工場内の塗装工事は株式会社トータルエイドにお任せください。
食品工場や生産工場、薬品工場など、さまざまな工場の塗装工事を手がけてきたからこそのスキルで、
高品質な仕上がりを提供します。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

サンドブラスト

表面を研磨して美しく仕上げる
表面に研磨材を吹きかけることで、加工する方法です。表面の汚れを研磨によって除去したり、サビを取ったりする際に使われます。工場内の内外壁をはじめ、機械の劣化にも対応でき、お客様のさまざまなご要望に対応できますので、ご相談ください。

重防食塗装

各設備ごとに適した施工を
橋梁や高速道路、鉄塔などの構造物は雨風などで日々傷ついています。すると腐食して耐久性が下がってしまいます。なので、重防食塗装をして、対策をしておかなくてはいけません。弊社ではタンカーや橋梁、鉄塔などそれぞれの設備に合わせて塗料を選びます。

FRPライニング

防水工事でも使われる強度の高い素材
FRPとは「繊維強化プラスチック」のことであり、防水工事などにも使われる素材です。FRPライニングでは、スプレーガンやハンドレイアップ手法といわれる方法でFRPを塗布し、防食をします。薬品にも強く工場でおすすめしたい施工法です。
項目を追加

エアレスによる吹付仕上げ動画

施工法を動画でご紹介

免震建物の維持点検

免震建物は時間が経過するにつれ劣化してしまい、免震機能が無くなることもあります。なので、定期的にチェックが必要です。
弊社には免震点検技術者がおり、免震建物を維持するための点検から点検結果報告書の作成、
建物所有者または建物管理者への報告をします。
免震機能には維持管理が必要です

専門スタッフが検査・報告をいたします

定期的なチェックで安心の毎日を
免震の建物は5年、10年くらいに検査が必要です。定期的な検査を通して劣化の具合を把握しながら、長くしっかりと免震機能が働くように心掛けましょう。
「免震建物点検技術者」などの専門資格を持つスタッフが点検を実施します。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

①点検結果報告書の作成

問題点と改善案をご提示します
点検を終えた際に、必ず点検結果の報告書をお渡しします。どこに問題があって、どのように改善すべきなのかを一覧で見られるように整えますので、ご安心ください。無駄な施工を促すことはいたしません。

②報告

今後についてのアドバイスも
メンテナンスが終わった際には建物所有者、または建物管理者に報告をします。施工の内容や、今後についてのアドバイスなどをすることで、お客様ご自身での保全に役立てていただきますので、ご安心ください。
項目を追加